• 会員No.
  • 分野
  • 氏名
  • メッセージ

  • 6498

  • ライター
    スピーカー
    フォトグラファー
  • 岩崎 和市

  • 産(国内大手電機メーカ、ドイツ外資系)・官(経済産業省外郭団体)・学(筑波大学大学院 教授)をすべて経験しました。現在世界No.1を目指し我が国の産・官・学のコーディネートを行っています。講演・執筆領域は次の通りです。
    (1)一般サラリーマンが大学教授になるまでの経緯
    (2)エネルギーと環境機器そしてエンジニアリング
    (3)科学技術とアートとの関係
    (4)東京港区の歴史文化と米国との係り
    (5)博士、技術士、第一種放射線取扱主任者の資格の取り方
    (6)原子力と放射線
    (7)マンション運営の悪質トラブル事例とその対応

実績


1、著書の実績例

(1)「新ビジネスにチャレンジする研究者達(随筆)」 クリーンエネルギー, 2002, 岩崎和市
(2)「水素利用技術集成」  エヌ・ティー・エス. 2003, 岩崎和市 他
(3)「水素を新規事業として考える(随筆①~⑤ 連載)」クリーンエネルギー, 2004, 岩崎和市
(4)「水素利用技術集成(Vol.2)」 エヌ・ティー・エス, 2005 太田健一郎,岩崎和市 他
(5)「自然と対峙するFuture Tech.(随筆)」 クリーンエネルギー, 2005, 岩崎和市

(6)「(研究開発とアメリカ研究者との係り」
     http://jcaw.org/main/wp-content/uploads/2011/10/NewsLetter_1011_secured.pdf

(7)「東京都港区とアメリカとの係りー幕末から明治初期ー」
     http://jcaw.org/main/wp-content/uploads/2012/06/NewsLetter_0612_secured.pdf

 

2、講演の実績例

(1)”Fuel Cell and Hydrogen development” Nanoforum in Torino、2009,W.Iwasaki
(2)”Residential Fuel Cell(ENE-FARM)  and Carbon Neutral Energy Supply System (CNES)”Japan -Denmark
   Renewable Energy Seminar ,2012,W.Iwasaki

(3)「燃料電池とカーボンニュートラル対応エネルギーシステム」  韓国 ソウル中央大学,11月 ,2011,岩崎和市
(4)「カーボンニュートラル対応エネルギーシステム 」 タイ科学技術研究所,9月,岩崎和市
(5)「燃料電池とカーボンニュートラル対応エネルギーシステム」  中国 上海交通大学,12月,2012,岩崎和市

3、大学院講義実績例

(1)慶應義塾大学の留学生教育     非常勤講師       1998年6月
(2)東京都立大学大学院機械工学研究科 非常勤講師       2002年6月
(3)ドイツ学術交流会(DAAD)留学生への教育          2003年7月  

(4)明治大学教養デザイン研究科「平和・環境」領域研究コース 非常勤講師
                               2008年10月 
(5)東京大学大学院農学生命科学研究科   非常勤講師    2010年8月~11月
(6)筑波大学大学院システム情報系    教授        2010年12月~2013年3月
(7)東海大学大学院工学研究科    非常勤講師     2011年4月~